2011年07月05日

昨日堀口さんとサシ呑みして


植物工場の講座でご一緒した堀口さんとは、

卒業前から一度呑みましょうと話をしていて、昨日その機会を持ちました。



そのことを振り返ってツイッターで呟いたのをこちらにノートとして書いておきます。

ツイッターは自分の考えをコンパクトにまとめるのに便利です。

呟いた内容に少し手を加えてこちらに残しておきます。



*



昨日のサシ呑みは、植物工場を共に学んだ堀口さんと。

とても理論派な方で、おっかなびっくりしながらの呑みだったけど(笑)

とても和やかに楽しく話せ、イメージが共有できて良かったなあ。



彼は元研究者なので、溶液のコントロールに関連した技術を開発し、

植物工場を展開していくイメージを持っているようです。

僕はそういった技術は持っていないので、まあ賑やかし担当かなと(笑)



非常に論理的で語彙の豊かな彼からの僕への評価は「キラキラしてる」とのこと(笑)

しかも「誤解を招かないようにありのまま表現すると」と断った上でだ。

たぶん、人への接し方とか、フットワークの軽さを評価していただいたのだと思う。

ありがたいこと。



植物工場チームは現在、シンクタンクの方々と組んで動こうとしているが、

僕個人もそっち方面の資質、ざっくりとした考えだけど、

情報発信や全体の企画、周囲からの情報収集とかネットワークを築くことは

できると思っています。

まあもちろん、着地点が違うのは当然ですが、そもそもの動機が違うと思っていて、

僕は予測不可能でも楽しそうな方へ向かいます。

かなり直感を頼りにしています。

あやふやな感じですが、直感を鍛えることは意識的に取り組んでいます。

まあどこまで努力しても勘は勘なわけだけど(笑)



もちろん継続性、それは収益性のことですが、

そこんところはちゃんと抑えます。



そういった前提のうえで、オープンで楽しく、できるところまでやると。



それぞれ役割は違っても同じ舞台で同じ釜の飯を食べ、

やっていけばもちろんそれなりの成果物が出てくるとは思います。

でも僕が大切にしたいのは「過程」です。

やってることそのものが楽しめる場所となり、

過程そのものを舞台として見せるように機能させることはできるんじゃないかなあと

期待しています。そのための仕組みは走りながら考えようと(笑)



自分に期待するのは、体力、瞬発力とコミュニケーション力かなあ。

とくにゴールは決めずに、多くの人がひとりひとり楽しんでくれれば、

そこから浮かび上が るアイデアや技術なんかをつかまえて整え、

商品やイベントなんかにすることはできると思う。

ただ、それはまだ少し先のこと。

まずは自分が楽しんで走れるよう、日々肉体改造に勤しんでます♪



現在、植物工場のプランは止まった状態なので、

まずは話し合いの場を設ける必要があるので頼むよと昨日は言われました(笑)

そんなわけでセッティングしたいと思います。

研究所が日吉なので、ここはやはりスッポンかなと(笑)

(美味しくて安いお店があります)



色んな思惑なりビジョンなりが、スッポンと薬酒によって

どのように噴出するのか、見るのがちょっと怖いけど楽しみですw



最後に、植物工場を自分なりに面白おかしく実践していくイメージの中には、

僕が普段からお世話になっている経堂の方や、

武蔵境のしげくにやベーカリーとか、福島の ほたるのお米の吉田さんなど、

互いの良さを生かせる方向で協力し合って行きたいなあと思っています。

思いは強いですが、方向性はゆるっとw



以上です。
posted by チキ at 11:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々徒然に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213332137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。