2010年09月18日

団子の数



昨日見た月が綺麗な半月に見えたので、

今夜の月はどうかな? と

さっき散歩がてら観てみました。

今夜の月は不思議な赤色をしていて

そろそろと沈みかける姿は、低温の夕陽のようで

それはそれとしてなかなか風情のある光景でした。



中秋の名月まであと1週間弱。

今年の名月は9/22(水)です。

「中秋」とはその字が示すように「秋の真ん中」です。

秋とは収穫の季節。

古来より日本人は、秋の収穫の実りを月に向かって

感謝していたのですね。



中秋の名月、月見といえば「月見団子」が有名です。

秋の実りとして稲穂などもあしらわれますが、

メインとなる団子は「芋」それも

里芋を象徴したものと一般的には言われています。

「芋名月」と呼ぶ地方もあるようです。

里芋は栽培が簡単で、米よりも身近な食料だったようです。

地方によっては里芋を皮付きのまま茹でて供えるところも

あるんだとか。



団子の数は12個か15個で、

12は一年の月の数を表わし、閏月の年には

団子も13個備えたようです。

15個はもちろん十五夜のことです。



月の満ち欠け、一年を通じての月の流れを

日本人は季節感を測る上で、農業の指針として

大切に扱ってきたという歴史が

月見団子に垣間見えるようで、

素敵なことだなあと僕は思います。



昔に比べて、僕らの多くは農作物を作ったりはしないのですが、

スーパーや八百屋で多くの秋野菜を見かけたり、

「新米入荷!」の張り紙を見たりして、

秋の訪れをささやかながら実感できることもあるでしょう。



月が満ち、農作物が実り、

身体は秋の気配を察して骨盤が締まり、

ギュッと濃密な気配に包まれ始めます。



身体が満ちると、心も満ちる。

この秋にひとつでも何か「収穫」があると良いですね♪



ひとまず、どこかで、中秋の名月を祝う機会を持ちたいな〜

なんて考えています。


さて、この土日もヨガ教室は開催予定。

身体の調整と、疲労の回復を中心に行います。

難しいことはやりません。

初めての方もお気軽にご参加くださいませ〜♪

■開催概要
場所 スローコメディファクトリー
http://slowcomedyfactory.oyucafe.net/
日程 基本は土日。要望に応じて対応します。
時間帯 11:00〜12:30/14:00〜15:30
料金 ¥2000
教室概要
http://ameblo.jp/citta-prasada/entry-10639091841.html


■申し込み方法
dj_sniff_366@ybb.ne.jpまでメールをお送りください。

その他、山崎と連絡を取る方法をご存知でしたら
どんな連絡方法(mixi、twitterなど)でも構いません。
posted by チキ at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古・ワークショップ・講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。