2010年09月11日

ヨガをやると痩せるか? その1


ヨガをやると痩せるの?
と質問されることがありますが、
「痩せますよ」と答えるようにしています。
なぜなら実際に痩せるからです。

痩せるには訳があり、また
痩せないのにも訳があります。
それはどういうことなのか、まとまらないまでも
グダグダつらつらと書き連ねます。

***

ヨガをやっていると食べ物の好みが変わってくることがあります。
それまで肉が好きだったり、ハンバーガーなどの
ジャンクなフードを食べたりとしていたのがだんだんと
そういう食べ物を欲しいと思わなくなる
ということが僕にはありました。

ヨガをやると、身体が引き締まり
そして柔軟になりやがて
感覚が鋭敏になってきます。

飲み物もミネラルウォーターを飲むようになると
味覚が敏感になって、たまにペットボトルのウーロン茶を飲むと
味が濃くて飲めないので薄めて飲む
ということもありました。

一生懸命ヨガをやっていた頃のことです。

今もヨガはもちろん続けていますが
その頃に比べるとセーブしながら行っています。
根を詰めてやりすぎるというのは
いつまでも持続するものではありません。

「ほどほどに」ということを僕の学んでいるヨガではよく言います。
創始者の佐保田先生の口癖であったということです。

ヨガを続けているとだんだんと味覚が鋭敏になり
食べ物の嗜好が変わるということが大なり小なり
起きてくるでしょう。

野菜嫌いだった人は野菜が好きになる
ということもあるかもしれません。

僕は元々野菜が好きだったのでその辺りは何とも言えませんが、
ヨガを始めるようになってからは野菜のことがもっと好きになり、
野菜に対する好奇心が大きくなって
野菜ソムリエの資格を取得するまでになりました。

「野菜は大地を食べる」と言いますが、
人間の身体にとって必要不可欠なビタミンやミネラルを
摂取するためには野菜を食べることが重要です。

そしてどのような野菜を食べるのかということは、
安全な野菜、旬の野菜であるということが大切ですし、
たとえ安全で旬の野菜を食べるとしても
栄養分を消化・吸収できるように身体のコンディションを
整えることも必要不可欠です。

人間が食べたものを消化するまでには
様々な段階があります。

その「入り口」にあたるのが口ですが、
食べ物を細かく砕くためには多くの回数の咀嚼が必要だと
言われています。
玄米なら「八十八回」噛む。
「米」という漢字が八十八という数字の象形文字でできていることから
「八十八回」噛めとよく言われたりしますが、
それくらい噛むという行為は大切なことです。
いまや私たちの身の回りには柔らかい食べ物ばかり、
ほとんど噛む必要がないので、アゴの力が昔の人に比べると
格段に弱まっているそうです。

細かく砕くことと平行して、食べ物と唾液を混ぜることも
また大切です。
なぜなら唾液には食べ物を消化するための酵素が含まれているそうです。


味覚の変化、食べ物の嗜好が変わる、菜食、玄米へと。
玄米を食べるためには細かく咀嚼をすることが必要。
細かく何度も咀嚼することで満腹感が起きてきます。
食べ過ぎの防止にはなるわけですが、はて(笑)


ヨガをやっていると痩せれるのか?


さて、長くなってきたので今回はここまで。



■開催概要
場所 スローコメディファクトリー
http://slowcomedyfactory.oyucafe.net/
日程 基本は土日。要望に応じて対応します。
時間帯 11:00〜12:30/14:00〜15:30
料金 ¥2000
教室概要
http://ameblo.jp/citta-prasada/entry-10639091841.html


■申し込み方法
dj_sniff_366@ybb.ne.jp

までメールをお送りください。

その他、山崎と連絡を取る方法をご存知でしたら
どんな連絡方法(mixi、twitterなど)でも構いません。
posted by チキ at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お稽古・ワークショップ・講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。